ドコモ×ローソン

おすすめ

13_05-2
===============================================================
※以下記事日本経済新聞WEBサイトより
NTTドコモは13日午後、都内で開いた今夏の新サービスと新商品の発表会で、ローソンと共通ポイント「Ponta(ポンタ)」の運営会社である三菱商事系のロイヤリティマーケティング(東京・渋谷)と業務提携で合意したと発表した。NTTドコモはこれまで携帯電話などドコモ商品の購入時などにしか使えなかった携帯電話契約者向けのポイントサービスを、店舗やネットショッピングなどにも利用できるようにすることで、顧客の利便性を向上する。
同社は新たなポイントサービス「dポイント」の提供を12月1日から始める。約5400万人の個人契約者が対象。「dポイント」と「ポンタ」のポイントの相互交換が可能となり、12月の開始時点でまずローソンの全国約1万1000店で使えるようになる。ポンタの加盟店は約2万3400店。発表会に出席した加藤薫社長は「できるだけ早く利用できる店舗を増やしたい」と説明した。
 これに先行して、6月1日からローソンの各店舗でNTTドコモのクレジット決済機能「DCMX」などを利用すると、決済金額の3%を割引するサービスも始める。
 加藤薫社長は「ドコモとローソンの強みをプラスし、新たな価値を創造したい」と強調。ローソンの玉塚元一社長は「お互いのフランチャイジーの中でもう少し業容を拡大したい。いろんな可能性について検討して提供したい」と力を込めた。
===============================================================

同日の報道発表の際に、ドコモの加藤社長はローソン内にミニドコモショップを設けることも話しており今後ドコモとローソンが提携することによってドコモユーザーの利便性が高まると思われます。
具体的な利便性としては
・料金支払い(現在も支払いはできますが、コンビニでは過去滞納分が支払えない。支払っても通話停止になったユーザーの開通までに時間がかかる。ドコモショップでは料金支払い後すぐに開通する)
・修理に出した故障機の受け取りやケータイ補償お届けサービスでの交換端末の受け取り
・プラン変更などの簡単な手続き
・SIMフリー機種など持ちこみでのSIMカードのみの新規契約
・充電器などの付属品の購入
などがあげられると思います。ドコモショップは混雑していてプラン変更だけに1時間待った話もよくあります。このような混雑回避になるんじゃないでしょうか?
ただ、ドコモショップへのドコモからのインセンティブがドコモの負担になっており年々そのインセが減ってきていると言われていますので、全国約2,400店舗あるドコモショップの統廃合が始まり、「手続きはローソンまで」となる日がやってくるのではないでしょうか?

おすすめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です